基本設定と基本操作

1. ツールボックス

全ての編集用ツールはここにあります。MORE(左上)を選択すると、その他のツールが表示されます。

2. ページ画面

ページ画面を開きます。レイアウト編集やプリントアウトなどができます。

3. メニュー

メニューを開きます。設定(スコア、トラック、再生、アプリ)、データ保存や共有、ヘルプがあります。

ワンフリック入力

  • ​選択肢は指が触れたところに表示されます。
  • 入力場所とアイテムを一度に選択します。(指を左右にスライドして、選択アイテムを変更します)
  • 楽譜作成アプリを使用したことがあり、より早く効率的に入力したい人にお薦めです。

従来型入力

  • 選択肢はツールボックス上に表示されます。
  • アイテムと入力場所を別々に選びます。
  • 楽譜作成アプリにあまり馴染みがない人にお薦めです。

スコア設定を開くには、編集画面にて メニュー → スコア設定 と進みます。

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • 音部記号の設定
  • 調性(キー)の設定
  • 曲のテンポ設定

スコア設定を開くには、編集画面にて メニュー → スコア設定 → トラック設定 と進みます。

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • トラックの追加、削除 及び 順序の入れ替えについて
補足: ビデオではバージョン2を使って説明していますが、操作方法は全く同じです。

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • トラックの追加方法
  • 音部記号の変更方法
  • トラックをグループ化する方法

ピアノ譜の作り方を例にとって説明しています。

補足: ピアノ譜は、ファイル一覧画面内のテンプレートとサンプルにあります。

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • 移調楽器(Bbトランペットなど)で、再生音程を変えないで、表記のみを転調した状態にする方法

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • 音符入力
  • 休符入力
  • 消しゴムツール
  • アンドゥ / リドゥ
  • 入力時の自動スクロール (メニュ→アプリケーション設定)
  • コマンドのロック
  • ワンフリックと従来型入力
  • タッチ+ホルドにより音程を変える方法
  • 音符と休符の長さのみを変える方法
  • 付点
  • 和音の入力
  • 臨時記号
  • 蓮桁
  • 連譜
  • タイ
  • 声部の選択
  • 複数小節休符

その他のツール (MORE)

 

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • 小節線の追加と挿入
  • 小節線の種類の変更
  • 小節線の削除
  • 小節の削除
  • 繰り返し記号の入力 ( 繰り返し記号は表記のみで、再生時に反映されません )
  • 繰り返し記号の削除
       

このビデオは曲中において、

  • 音部記号
  • 拍子記号
  • 調整記号
  • テンポ

を変更する方法を解説しています。

  • アイテムをタップ+ホルドすると、矢印( <<  >> )が表示されます
  • 矢印をタップして、アイテムを動かします
  • 画面の他の場所をタッチして、選択アイテムを解除します
  • このツールは、他のツールが選択されるまで、常にロックされています
  • 音符の上下移動は、「音符入力」を参照して下さい
  • CM7を選択すると、コードシンボル入力ボタンが表示されます。
  • コードシンボル入力ボタンを選択すると、コードシンボル選択画面が表示されます。
  • コードシンボルを作成し、「OK」で決定します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去するコードシンボルを選びます。

スコア設定において、以下の変更が可能です。

  • コードシンボルのフォントサイズ
  • コードシンボルの既定位置
  • コードシンボルのハーモニックリズムの割り方
  • 音符を選択し、歌詞入力の開始点を決めると、歌詞入力画面が表示されます。
  • 歌詞入力/変更は、リターンキーで決定します。
  • 入力場所の変更は      を使います。
  • 'Line' を選択すると、1番から10番まで歌詞番号が変更できます。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する歌詞を選びます。

フォントのサイズ変更は、 スコア設定で行います。

  • 位置決め縦横線で入力場所を決定すると、テキストを入力画面が表示されます。
  • 既に入力されたテキストの変更は、そのテキストを選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去するテキストを選びます。
  • 最初と最後の音符/休符を選択して範囲を決め、部分転調画面で移動の詳細を設定します。
  • この作業は消去できません。取り消すにはアンドゥして下さい。
  • 装飾音符入力は、音の長さを選ばないことを除くと、音符の入力と同じ要領です。
  • 縦横の場所指定線を使って、入力場所を指定します。
  • 複数の装飾音符を入力すると、自動的に16分音符表示に変わります。
  • 最初と最後の音符/休符を選択してリズム表記にする範囲を決め、「適用」を選択します。
  • 標準表記に戻すには、同様に範囲を決め、「クリア」を選択します。
  • 最初と最後の音符/休符を選択して範囲を決めます。
  • 選択範囲に休符を含む事はできません。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、スラー付き音符の間を選択します。
 

強弱記号

  • 記号の種類を選択し、音符を選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。

強弱矢印

  • 位置決め縦横線で開始と終了の場所を決めます。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
  • 記号の種類を選択し、音符を選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
  • 記号の種類をツールボックス」より選択し、最初と最後の音符を選択して、適用範囲を決めます。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
  • 記号の種類を選択し、音符を選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
  • 記号の種類を選択し、音符を選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
 
  • 記号の種類を選択し、五線上の空白箇所を選択します。
  • 消去するには、消しゴムを選択し、消去する記号を選びます。
       
  • 符頭の種類を選択し、交換したい符頭を選びます。
  • 符頭の消去はできません。標準符頭に戻すには、標準符頭に交換して下さい。

このツールは、ドラム/パーカッション表記ようではありません
ドラム/パーカッション表記をする場合は、

  1. トラック設定を開き
  2. 「パーカッション表記」をオンにして下さい。
「パーカッション表記」をオンにすると、音符と音色の対応表の変更も可能になります

bars  bars
  • { または [ を選択し、最初と最後のトラックの五線を選択して、グループの適用範囲を決めます。
  • グループを解除するには、消しゴムを選択し、{ または [ を選択します。

ファイル一覧画面

ページ画面

バージョン3の新機能(New Features from version 3.0)

このビデオは以下の内容について解説しています。

  • パート譜は自動的に作成される
  • レイアウト設定はスコアや各パートで独立して設定可能
  • 表示トラックの設定方法(編集画面、ページ画面)
  • カスタムパート譜の作成方法

お問い合わせ

  • フィードバック、コメント、提案など、お客様の声をお聞かせください。
  • 使い方がわからない?ご連絡ください。
  • エラーを発見?お手数ですが是非とも詳細をお知らせください。

Email: info@iWriteMusicApp.com

ダウンロード

無料版を使って「楽しく、簡単」を今すぐご体験ください!

無料版の機能制限についてはココをクリック
iWriteMusic is available for any iOS devices.

©2016 iWriteMusicProject   All right reserved.